排水管のトイレリフォーム

排水管はトイレの中で一番劣化しやすい部分です。排水管が故障してしまうとトイレが使えなくなってしまったり、水漏れが起きてしまいます。あまりにもひどい状態になってしまうと、トイレリフォームが必要になります。

■排水管のメンテナンス

トイレの排水管は毎日水が流れているために劣化しやすい部分です。劣化が起きてしまうと水の流れが悪くなってしまって、最終的には詰まってしまいます。排水管が詰まってしまうと水漏れが起きてしまいます。トイレの排水管は床下にありますので、大掛かりな工事となります。
一般的にはトイレが古くなってきたら、詰まってしまう前に配管ごとトイレを新しくするトイレリフォームがお勧めですが、古くなってきたと感じたら、こまめに水を流すようにしてパイプのつまりが起きないようにすることが肝要です。

■汚れを解消する

トイレが汚れた状態であると、それによって雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。雑菌の繁殖はトイレ排水管の劣化の原因になりますので、トイレを普段からできるだけきれいに使うようにするといいでしょう。トイレ用の洗剤を使えば簡単にトイレの洗浄をすることは可能です。



■まとめ
トイレの排水管は古くなってしまうとだんだんと詰まりやすくなってしまいます。完全に詰まってしまうと、トイレの交換修理が必要になります。一定の期間が経過したらトイレの交換修理は行うべきものですが、それまではできるだけトイレをきれいに使ってパイプの劣化を防ぐようにすることがお勧めです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ