トイレリフォームでウォシュレットの導入

トイレリフォームをする際に、トイレにウォシュレット機能がついていないタイプを使用していた場合には、導入を検討してみると良いでしょう。ウォシュレット機能を使うことによって、トイレットペーパーの使用量が減りますので節約に繋がります。

■トイレ用のウォシュレットの導入方法

使用していた便器にウォシュレット機能がついている場合は、そのまま便座だけを交換することができます。ついていない場合でも、ウォシュレット機能付きの便座を取り付けることができます。最近では壁にリモコンを取り付けるタイプも増えています。目線の高さに合わせて見やすく使いやすいので導入の際には検討してみましょう。


■合わせて便器の交換も考える

現在使用しているトイレがウォシュレット 水漏れした場合には、装置の劣化が考えられますので、新しいタイプへの交換が必用になります。便座部分だけを新しい物にしてもいいのですが、最近は非常に便利な機能を持った便器を廉価でトイレリフォームすることが出来るようになっています。リフォーム工事にあわせてトイレの便器を新しくするのもおすすめです。



■まとめ
トイレリフォームの際には、ウォシュレット機能が付いた便器への交換を検討してみるといいでしょう。装置を導入するとトイレットペーパーの使用量を減らすことになりますので、トイレのパイプの劣化を防ぐことにも繋がります。現在はリモコン付きのウォシュレットも人気です。自分や家族にとってより使いやすいタイプを選択する必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ