床のトイレリフォーム

床部分のトイレリフォームをすることによって、トイレをさらに快適に使うことが可能です。例えば床暖房を入れると冬場のトイレが快適になります。抗菌加工を導入すると、より衛生的にトイレを使用できるようになります。

■床部分のリフォーム工事も必須

トイレリフォームをする場合には、ほとんどの場合に床部分の工事が必要になります。トイレの交換をする場合には、床下にある排水管の交換も必要になるからです。床下の工事は専門の業者でなくては行えないような複雑なものです。
トイレの交換工事をするのであれば、同時に床の改築をしておくとトイレを快適に使うことができるようになります。どのような改築が可能であるかについては、工事をする前に業者さんに相談して、自宅に工事可能なリフォーム内容を確認します。

■高齢者に優しい仕様

日本は少子高齢化になっていますので、お年寄りがトイレを快適に使えることを考えて、バリアフリーの床構造にしておくのがおすすめです。来客時だけでなく、自分たちが高齢になった際にも快適に使用できるよう、トイレリフォームのタイミングで床部分をバリアフリーにしておくと安心です。



■まとめ
トイレリフォームをする場合には、合わせて床部分も検討しましょう。トイレを快適に使うための機能を整えておくことがおすすめです。また、高齢者が使いやすいようにバリアフリーに改造してもいいでしょう。業者に相談するといろいろなアイデアを出してもらえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ